ABC検診(胃がんリスク検査)

ABC検診で、胃の健康度をチェックしませんか?
2つの血液検査の結果から、胃がんのリスクを分類します。

※他の市区町村でABC検査を受診された方も、
当院で苦痛の少ない内視鏡検査(精密検査・2次検査)も受けていただけます。

 

ABC検診について

ABC検診は、ヘリコバクターピロリIgG抗体検査でピロリ菌感染の有無およびペプシノゲン検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その二つの結果を組み合わせて胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群の分類します。胃の萎縮粘膜はがんの発生母地になります。

検査結果による分類(胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群に分類します。)

ヘリコバクターピロリIgG抗体検査

胃粘膜の萎縮の状態を調べる簡易検査で、胃がん検診にも応用されています。
萎縮が進んだ胃は、胃がんになりやすいといわれています。

ペプシノゲン検査

胃粘膜に慢性の炎症を起こすピロリ菌の検査です。慢性炎症が続くと萎縮粘膜となります。

精密検査(2次検査について)

他の市区町村でABC検査を受診された方も、当院で苦痛の少ない内視鏡検査(精密検査・2次検査)も受けていただけます。

 

ABC検診費用

4,000円(税抜き) ※保険適用外です。