インターネット予約受付フォーム

24時間受付の内視鏡検査インターネット予約も便利です。ご利用ください。

胃内視鏡検査

早期検査が必要な理由

胃にできるポリープは癌化する可能性の低いものが多いですが、大きくなったり癌化したりしてしまった場合は切除する必要があります。ポリープが大きくなってしまった場合などは開腹手術が必要となりますが、小さなものや早期胃がんの場合は、内視鏡による手術のみで根治できることが判明しております。また、開腹手術は体に負担をかけるだけでなく、癌のステージが進んでいる場合は、抗がん剤治療や放射線治療など辛さを伴う治療も必要に。とにかく早期検査が、何よりの予防策なのです。

30代のうちに1回は検査を、40代になったら年に1度は胃内視鏡検査を受けることで、ご自身の体を労わってあげてください。

このような方は検査をおすすめします

胃に不快な症状がある方はもちろんのこと、症状がなくとも家族内でピロリ菌に感染している方がいる場合や、40歳を過ぎて一度も検査を受けたことのない方は検査が必要です。

胃がんは進行が早いものもあるため、発見時には治療困難の場合もあります。症状がないから大丈夫と思うのではなく、40歳を過ぎたら1年に1回は内視鏡検査を受けましょう。

  • 胸焼け・げっぷが長期間続いている方
  • 胃もたれ・胃痛といった症状が長期間ある方
  • 家族・親戚にピロリ菌の感染者がいる方
  • 塩分の多い食事を好む方
  • タバコ・アルコールを摂取する方
  • 一度も検査をしたことのない40歳以上の方
  • 家族・親戚に胃がんの患者さんがいる方
  • 喉の違和感、食べ物のつっかえ感が長く続く方
  • 胸の痛みがあったり、酸っぱいものや苦いものが込み上げる方
  • 食欲不振、急な体重減少がある方
  • 黒い便が出る方

バリウム検査と胃内視鏡

内視鏡を受けたことがない方はバリウムの方が楽なイメージをお持ちかもしれません。しかしながら、下記のようにバリウム検査は、デメリットが多く、本来の目的である「胃がんの早期発見」の為には内視鏡の方が格段に優れています。

  • バリウム検査は、直接粘膜を観察できる胃内視鏡検査に比べて早期がんが見落とされやすい。
  • バリウムはレントゲンで撮影するため、被爆してしまいます。
  • バリウムで異常を疑われた場合は内視鏡での再検査となります(すでにポリープや胃の変形がある人は初めから内視鏡が適切です)。
  • 胃内視鏡検査ではピロリ菌を検査と同時に調べることが出来ます。
  • 直接粘膜を診ることで胃がんになりやすい粘膜かを知ることができます(萎縮性胃炎の程度など)。

当院の胃内視鏡検査の特徴

POINT1「鼻」から挿入するからオエッとしない

胃カメラと聞くとオエッと気持ち悪くなるイメージを持たれている方も多いですが、当院の内視鏡は鼻から挿入するため、スムーズに胃までカメラが到達します。

POINT2検査時間はたった5分!

検査はなるべくであれば短く手早く済ませたいものです。当院での胃内視鏡検査はたった5分で終了と、驚くほどスピーディーです。

POINT3最新の内視鏡だから、細かい病変も確認!

NEW!!先端のAdvanciaHD(アドバンシア)から、最新鋭LASEREO(レザリオ)VP-7000を導入しました。

富士フィルムの レーザー制御技術と画像処理技術を組み合わせた先進の内視鏡システムを用いた分かりやすく見やすい高画質の画像で、がんなどの病変部を確認することができます。

。従って、見落とされやすい早期癌の発見が可能となっています。またカメラの視野や吸引力も経口内視鏡と同等にまで向上し、従来の経鼻内視鏡検査に比べても、格段に検査時間が短くなり、体への負担を減らすことができます。

当院で行っている胃内視鏡検査の流れ

予約

診察または、電話、インターネットにて、検査日をご予約ください。空いている場合は、即日検査も可能です。
江戸川区平井の「仁愛堂クリニック」、墨田区菊川の「菊川内科皮膚科クリニック」のどちらでも同様の検査が受けられます。お住まいやお勤めのエリアで便利なクリニックをご利用ください。

問診

胃痛など症状の有無や生活習慣についての問診を行います。不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

検査前準備

胃の中の泡を取り除くため、消泡剤を飲んでいただきます。次に鼻の奥に血管収縮剤をスプレーし、局所麻酔薬を鼻に注入。さらに鼻の中に局所麻酔薬を塗ったスティックを挿入します。

検査

麻酔が効いていたら、検査を行います。胃内視鏡の検査時間はわずか5分。ウトウトと眠っている間に終了します。

検査終了

少しベッドでお休みいただき、鎮静剤が覚めたら検査結果をご説明して検査は終了です。軽くふらつくこともございますので、検査当日はお車でのご来院はご遠慮ください。食事は検査1時間後から召し上がっていただけます。
※ピロリ菌の検査や組織検査を行った方は、検査当日の暴飲暴食・アルコールの摂取・激しい運動を避けてください。

担当医からのメッセージ

胃がんは進行が早いものもあるため、発見された時点では手の施しようがない場合もあります。そのため「いつか」や「今度」ではなく、40歳を過ぎたら毎年1回は検査の日を作っていただければ幸いです。

当院では忙しい方にこそ検査を受けていただきたいとの考えから、土日も検査を行っています。たった5分の検査が命を守ることに繋がると、私たちは信じております。