胃・十二指腸潰瘍 

2021.04.05更新
胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬などにより、この防御機構が傷害されて粘膜が傷つき、そこが胃液の攻撃にさらされることで、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気です。

逆流性食道炎

2021.04.01更新
逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、食事の内容、肥満、加齢、姿勢などによって下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。

1 2